アルザス > シルヴァネール ゾッツェンベルク

シルヴァネール ゾッツェンベルク

商品名 Sylvaner Zotzenberg
地域/A.O.C アルザス グラン クリュ
品種 シルヴァネール 100%
ヴィンテージ 2010
ドメーヌ Albert Seltz
アルベール・セルツ
容量 750ml
タイプ
価格 : 5,910円(税込)
ポイント : 59
数量
 

Biodynamie ビオディナミ農法
シルヴァネールのグランクリュ認定が許されている唯一の畑「ゾッツェンベルク
で収穫したブドウで造ったワイン。
トリュフ、植物系、スパイス系、黄色い果物の豊かな香り。
球体のようなヴォリューム感のある味わいに対して、素晴らしい酸味が流れるような心地よさを与えてくれます。
厳しい基準規定からなるSGN(セレクション・ドゥ・グラン・ノーブル)表記が認められているブドウを使ったワイン故に、その糖度は、繊細な塩味と完全に溶け合っています。


アルベール・セルツ


アルベール・セルツは、1576年に創設されたドメーヌの14代目オーナーです。

アルザス地方ミッテルベルグハイム村にある彼のドメーヌでは完全な有機農法を採用していますが、ワインは特にBIOの認証を受けていません。そして今後は、当然ビオディナミ農法を注意深く学び、実践していくべきだと考えています。


アルベール・セルツは、ビオディナミ農法で有名なレオナール・ウンブレヒトの弟子で、ワインは当然自然なものでなくてはならない、「女性と同じで、化粧のしすぎはよくないと説いています。


醸造は、ブドウに含まれる天然酵母のみを利用して発酵させ、澱とともに熟成させます。アルベールはシルヴァネール品種の熱烈な信者で、毎年、販売用とは別にシルヴァネールのキュヴェを600本保管して、この品種が長期熟成に向いていることを人々に説いてまわり、「シルヴァネール資料館と呼べるヴィンテージコレクションを持っています。

実際、アルベールはシルヴァネール品種のポテンシャルがAOCとして認められるようINAO(国立原産地統制名称管理機関)と長い間戦ってきました。A.O.C.アルザス・グラン・クリュは、「リースリング」「ピノ・グリ」「ミュスカ」「ゲヴュルツトラミネル」の"ノーブル"と呼ばれる4品種のみに認められていました。しかし、1998年に、アルベールがINAOとの長期に渡る手続きを経て、アルザス・グラン・クリュに続きリュー・ディ(小区画名)ゾッツェンベルクを表記して、この畑の「シルヴァネール」を例外的にグランクリュとして認めさせたのです。


今日、シルヴァネールがグランクリュの仲間入りをしているのは、アルベールの長年の努力の結果なのです。

和食で言うと天ぷら、タコやイカなどの魚介類、フレンチで言うとブーシェ・ア・ラ・レーヌや魚介のタンバルと相性が良い。

11〜13°C

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません